ブログ

病院で実践 断捨離

2013.05.19

ごきげんさまです。横山 和美です。

 

私は今年3月まで、総合病院で看護師として

20年以上働いてきました。

2年4カ月間、職場でも断捨離を行い、

職場環境がどんどん変わっていきました。

 

 病院と家の断捨離の違いって何でしょう?

自宅は、どんなに散らかっていようが、即、

命に関わることは稀です。

 

病院は、緊急時必要なものが速やかに準備でき

なければ、死に直結する場所です。

 

救急カートやAEDはすぐに持っていける所

にあります。 TVドラマで、みたことあるかしら?

走って取りに来て、そのまま走って持ちだします。

 

ごちゃごちゃした部屋の、さらに奥にあったら、

ゾッとしますよね。

救急カート

救急カートの中身は、心肺停止など緊急時に

必要な薬品や物品が準備されています。

 AED

AEDは、最近色々な所で見かけるようになって

きていますね。

 

命の現場で、病室までの道のりに障害物があり、

獣道のようでは、困ります。

病院こそ、断捨離が生かされる場所の一つです。

 

ここまで、お読み頂き、ありがとうございました。

 

それでは、問題です。

血圧値は、130/60 mmHgと書きます。

血圧を測る単位は 「mmHg」です。

このHgは、何の単位でしょうか?

 

答え : 水銀です。

例えば、130mmHgという血圧は、

1平方㎝あたりの水銀を垂直に

130mm(13㎝)押し上げる力に値します。

 

さすが、元ナースって思って頂けたかしら?

ムック本 『見てわかる、断捨離 ココロとカラダ編』

おのころ心平先生の記事の引用です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 病院の断捨離に興味がある方

ポチ 押して、応援お願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村