ブログ

病院での断捨離 突然の流れ込み

2013.06.16

ごきげんさまです。
元看護師の横山和美です。

 

2010年の職場での年末大掃除。
いつやるの?
どうしよう。。。(⌒~⌒ι)コマッタナァ

 

職場は、総合病院の入院病棟。
24時間365日、休みなしに動いています。
こういう勤務体系の場合、スタッフ全員で忘年会
をすることができません。必ず、誰かは仕事です。

 

大掃除も、メンバー全員では集まれません。
全員が負担なく参加できるように実行日を3日
設定する方向で検討していました。

 

 

当時の機材物品庫の状態

 

1、誰も知らない、よくわからないものがある
  (知らないおじさんです)
      ↓
  退去していただきます。
  おせっかいなおばさんも見つけ次第、面談をします。

 

2、窓が大型の棚で塞がれている
  (薄暗く圧迫感がある、呼吸空間としてどうでしょう?)
      ↓
  窓を塞がない配置に変更。

 

3、作業動線を考えた配置でない
      ↓
  「今、ここ、私達スタッフ」にあった配置に変更。

 

 

 大掃除メンバーから不平不満の理由 & どう対応するか

 

A.年末大掃除&模様替えは、サービス残業でやる必要があった
B.大型の棚を移動する等、負担が大きい
C.当時の職場環境では、大掃除担当者が配置換えを実行しても
 文句を言われる可能性が高い
      ↓
みんなで・たのしく・かろやかに実践できれば、
少しは満足感向上につながると信じて取り組む。

 

器材物品庫の配置換え 見取り図

大掃除見取り図

 

 そんなある日。思いがけずゆとりのある日勤帯が出現。
大掃除メンバーのほとんどが勤務しています。

 

大掃除メンバー以外のフォローのお陰で
思いがけずに勤務時間に大掃除を決行。
大型家具も要領よく、みんなで力をあわせ、移動
できました。

 

やりながら、気付いたことはみんなで口に出し、
その時点で最良の配置を目指しました。

みんなが笑顔で作業しているので、嬉しかった~。

 

必要なときに必要なものが流れ込んでくるのが、断捨離。

 

まさに、この突然のゆとり時間の出現は、断捨離効果
の賜物としか思えません。

 

3日かかる予定が、思いがけず1日で終了。
時は金なり、慌ただしい師走になによりもの
プレゼントでした。

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

それでは、今日も問題です。

 

熱中症対策、あなたはどちら派?

 

A. のどが渇いたと感じたら必ず水分補給 !
B.  のどが渇かなくてもこまめに水分補給 !

 

答え あなたは優秀です。
A. も B. も両方正解ですから。

 

 

熱中症対策 7つのポイント(消防庁の熱中症対策より)

 

1. 部屋の温度をこまめにチェック ! 
2. 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を 上手に使いましょう !
3. のどが渇いたと感じたら必ず水分補給 !
4. のどが渇かなくてもこまめに水分補給 !
5.外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!

6.無理をせず、適度に休憩を !

7.日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを !

 

 

熱中症を予防して、今日もご機嫌な1日にしましょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

病院での断捨離体験です。

ぽち 押して頂けるとうれしいです。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

にほんブログ村