ブログ

業務改善と自分時間の確保に共通するもの

2013.11.10

ごきげんさまです。

横山 和美です。

 

今日はモンブランをたべました。

モンブランは久しぶりです。

最近は、写メのモンブランを見て、幸せに

浸っていました。

私の写メには、色々な食べ物の写真が大事に

保管されています。餃子、ステーキ、懐石料理

スイーツ、点心、見るだけでほんわかした気分に

なれます。

 

 

あなたに取って、業務改善をする時に

大切なことって なんでしょうか?

仕事ならば「業務改善」ですが、プライペート

ですと

「自分の自由時間を確保する工夫」

に置き換え られます。

 

私にとって大事なことは、義務ではなく、

たのしく 取り組むこと。

 

正しいことだ!!と強く言い過ぎてしまうと、

よりよい 方法を模索することよりも、渋々

そのやり方に 従う流れになってしまいます。

そこには、あきらかに人間関係(力関係)が

影響を及ぼします。

 

そして問題が生じた時に、不満が一気に爆発する

構図を 何度も目にしてきました。

 

勉強をする場合でも、興味があったり楽しかったり

すると 簡単に持続できますよね。

一方、試験のため嫌々やると、気がつくと本を 読んで

いたり、勉強以外のことをやっていること があります。

 

怒られるからやるのは、長続きしませんが、

自分がやりたい場合は、長続きします。

 

業務改善の優先順位1番、私自身がたのしく

取り組むこと。

2番、周りも巻き込むこと。

 

 

これって、断捨離と似てますでしょ。

片付けって聞くと、嫌なもの。

断捨離って聞くと、たのしく出来るもの。

 

ねばならないでなく、やってみよう!!

こう思えることが 大切です。

 

私の場合は、ポスターを作って、具体的に業務改善を

始めてみました。

 

現場では、煩雑化した業務を忙しくこなしている中で、

人間関係やコミュニケーションがうまくいかず

ストレス 増大につながる状況がつづいていました。

 

次回はポスターについて書きます。

今日もお読み頂き、ありがとうございました。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村