ブログ

カンファレンスルームの断捨離での効果

2013.09.8

ごきげんさまです。

元看護師の横山和美です。

 

先日、道でばったりナースの友人と会いました。

とても忙しく、夜勤の回数も増えているよう

です。

新人さんが慣れて、夜勤の回数にばらつきがなく

なることをこっそり祈っている今日この頃です。

 

カンファレンスルームの断捨離ですが、

その後どうなったと思います?

 

2011年4月、テーブルには紙の山があり

ました。

2011年秋、取り置き書類の保管場所を作成

しました。

2012年4月1日、テーブルの上には何もない

すっきりした状態が作られていました。

 

もちろん、常にきれいなわけでなく、それなりの

状態をいったりきたりです。

それなりの状態でいられる事がすごいのです。

 

翌日、新人さんが来る為、夕方から夜勤の私は

「新人さんも含めみんなで気持ちよい空間を感じたい」

と思い、カンファレンスルームをきれいにするつもり

でした。

 

ところが、出勤してみると、すでに誰かがその状態

にしていたのです。

看護師長等、やりそうな人に声をかけてみたのですが、

みな、私の仕業と思っており、誰なのかわかりません

でした。

 

うれしかった〜。にこにこ。

 

カンファレンスルームの断捨離をする際、

1、「かたづけなさい」と強要しない。

2、勝手にものを捨てない、移動しない。

3、たのしんで取り組む

この3点に気をつけていました。

 

その結果、私自身が雑用を引き受けてくれる

便利屋として利用される事もなく。

(医師の指示で看護師は動くので、気を利かせて

あまりやりすぎると、それは自分には関係なく

すべてやってくれるだろうと、相手のもっている

力を消失させることにつながります)

 

医師達が自分のものを置き去りにしないように、

心がけているそぶりを感じることが出来ました。

 

また、ちょっと時間の空いた時に、足を運ぶのが

苦にならず、ふらふらと立ち寄る居心地のよい

場所に変化したようです。

 

手前味噌ですが、

Ns 「先生、暇そうだね?」

Dr  「忙しいよ〜。」

こんな会話をナースステーションで聞く事が

増えました。

 

どうしようもなく忙しければ、こんな会話を

している暇などありません。

 

それにNsとDrとの、人間関係が悪ければ

このような会話が成り立ちません。

口なんて聞きたくありませんから。

 

これらの事から、居心地の良い場所になったと

私は理解して、一人でほくそ笑んでおりました。

 

ダンシャリアンのあなたはどう思われますか?

ジャッジはしないでほしいなぁ。

 次回は、安全点検での指摘について書きます。

 

今日もお読み頂き、ありがとうございました。

 

相模大野で断捨離セミナー初級編を行います。

次回は9月12日です。

詳細は、「セミナー・だんしゃべり会情報

を見て下さいね。

 

 

 それでは、問題です。
救急車が高速道路を走るときは、料金を
支払う?

 hospital_103c

  答え

行きは、ピーポーピーポー鳴らしている時は

緊急走行のため、料金は払いません。

帰りは、消防隊員しか乗っていないので

料金を支払うそうです。

支払金は、もちろん税金です。

 

以前、地元の消防隊の方に聞いた話です。

地域等によって違う場合があります。

詳細情報をご存知の方がいらしたら情報提供

お待ちしております。

 

救急隊員さんは、命の現場における

スーパーマンだと思うのは、私だけでしょうか。

 

 

 

ひでこ先生の次回の講演会は下記です。

年末大掃除、楽できるかも!?

程よい季節の秋は、断捨離におすすめです。

ピンと来た方、クリックしてください。

   ↓ ↓ ↓

10月24日(木)大井町

 

今日もお読み頂きありがとうございます。

 ぽち 押していただけるとうれしいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ にほんブログ村